読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまさを求めたら辛いブログ

できないことを"めんどくさい"と言い訳してきたら大変なことに気づいた(笑)

100億円の会社に入ってみた

けど

かれこれ2年近くになるが、実際のところどうなのかと。会社はたくさんあるので年商100億円規模の会社が全部こんな感じではないと思うが

ちなみに入ったのはモノ売りの会社、仕入れて卸し売るヤツね。規模が大きいのでアレコレしがらみがある、大小に関係なくどこでもあるよね。友達と称して勉強なら誰それ、遊びならアイツ、アッチならコイツ〜的な流れ

◯◯売るなら△△から仕入れるよーに

とか

□□さんには◎◎してから◇◇してね

とか

会社あるあるたくさんアルヨ

まずはこれらの統一性のない呪文を脳にメモリーします、小学校の九九を暗記するのと同じ

何年も勤務されている方だとソコだけに対応してれば良いので、他から見て?でもゼンゼン平気なんだよね

外から来ると(ヤベーなおい!)と思ってもゼッタイ口にしないよ、ダメダメ、だってそこの世界標準だからね、コチラが外国人と同じやで

例えると5×5=10と回答しても3,000とか言っても通ることがある世界、オトナの世界かな?

よく"そんなのくだらねぇ"とか思うかもしれんが、思っても良いよ、でも実行してね、だって仕事だからね

 まぁそうなんですが、仕事なんでやるよ、ありがとうございます。1秒でも早く対応します(`・∀・´)

そこに倫理観は不要、全うするのみ、例え違うモノだったとしても指示通りにします。後で違う品番で同数の発注が来ても同じ動きを繰り返す、それが与えられた仕事だし

 実際に間違いを指摘したらどーなるか?さぁさぁどーなるでしょーか

その瞬間から別の仕事が増える

同じ部署、同じ給料の仲間なのに自分だけ仕事が増えます。コレ解りますよね??

①受けた時に再確認をする→そのままスルーできない

②担当者が捕まるまで保留→手元に保留が増え続ける

③通常の流れにシワ寄せ→オメーうぜぇよ、と

不要な管理体制を作ってしまう事になりて、部署がギスる、始まりの終わり

自然の川にダム作っても意味は無いの、その流れの目的は水力発電ではなく、淀まずサラサラと流れる清流を維持するのみ

最悪こんな事もありうる現象なので、会社員であり続ける為の1ヒントかなぁ

いつも実行されて無駄に思われる事にも意味があって、下級のヒラが云々しても99%以上ナニも良い事ない、したがってメスを入れるかを判断するのは管理職さんであって、われわれヒラではない

キーマンは上司とは限らない

規模の問題にもなるけど、直上の上司だけが教祖サマではない、大小に関わらず行動を起こす前には回りをよーく観察しましょう、よーくね。マジ大事です。

中堅社員さんとか、派遣さんや契約さんでも長くいる方々はカナメになるヒトを知ってる。だから誰に何を伝えたらドコに効いてくるかを知ってる、なので仕事だけをするんではなく五感を研ぎ澄ます事も必要なんだな

まぁそういう事が非常にめんどくさい訳でして、一通りがルーティンのマンネリ化してきてモチベィティブの腐敗がフハハハハ→どっかの畑が青く輝いて見える幻視幻想の快感を感じたらヤベーよ

(゚Д゚) ファッ!?

必ず週に1回の振り返りを3ヶ月で12回は立ち止まろう、自分もだけど誰しも現状から逃げたい時もあるし進化するギアを上げたい時に変化を求め環境を変えたいと願います。だけど会社や組織も同じで進化したいしギアを上げたいと思う経営者さん、管理職さんもいまして同じくヤキモキしてますよ。いきなりトップギア入れたがる輩はいずれもバクチ体質でアカン坊かな?

歳を重ねるのと同じ様に

急激な変化には相応なストレスが掛かり、どこかで何かがひしゃげる可能性が多い

成長期に関節が痛むみたいなもので覚悟的なモノが要るんじゃないかと、心構えだけじゃなく物理的なものも含めて下準備とか大事

プラモやる人なら丁寧にパーツをカットしてヤスリかけるし、ネイルするならカタチを整えムラが出ない様に下塗りするし、ガチスポーツや運動する前には準備体操とかストレッチするのと同じ、ガチ度が高いほどミスった時にケガしない様やってるし、高額新規取引なら信用調査にお金たくさん使うよね、たぶん。

結局のところ急激なカーブを描くには原因があって、上に弧を描くなら積み上げるモノがたくさんあって結果そーなる。努力の賜物です。下方するには何もしなけりゃ徐々に下がって、ある日突然奈落へ落ちるな。努力不足とか言うし、言われる。うるへー

つまるところ100億の会社だろーが、100万の会社だろーが、どんだけ継続し続けて利益を出しお金を回すチカラがあるかどーかじゃね?

結局何社も渡ってしまった私には継続力が無い事が証明され、重く、深くのしかかっている最中、手枷足枷は自分で付けてきた。いつかこの枷は使い方によって武器にもなると信じて

 

連休の最後、アホな事書いてるちゃん

明日から枷を振り回してブン殴るゼ