読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまさを求めたら辛いブログ

できないことを"めんどくさい"と言い訳してきたら大変なことに気づいた(笑)

神楽坂の情報処理の会社

にもいたな、思い出した!

 

実は今の会社で神楽坂に行く事があって、前前前前前…いつだったか定かじゃないけど地下鉄神楽坂に通勤してましたよ

情報処理だったと思う?どんな会社だったっけ??

もわわーんと記憶を手繰るとA4用紙が入るカゴに取引先名が書かれていて、入力するハガキとか印刷物をキーパンチャーに配下してデータを吸い上げる。データは所定のフォーマットにして圧縮、取引先担当者にメールか特定のオンラインのフォルダに入れて電話して完了。

今思い出して気がついたよ、スゲー楽じゃねーか!

なのにどうして辞めたのか?

それは単純に若さと前職の業界に戻る事を考えてたから。先を考えて辞めたと言えばテイの良い言い草だなー、途中の繋ぎの手段。もっと先を見る事が出来ていたら情報処理業界の知識が深まってたよ、それこそ外注コストの算出とか出来たよ。

職場の感じは可もなく不可もなく会社勤め難ありのパンチャーと大学生のバイトが来たり来なかったりする。間仕切られたデスクにPCが置かれ、4〜5列はあったと思う。

1番の原因

だんだんと色んな仕事を増やされてきて、マネージャー的なポジションにされそうになったのでマズいと察知して辞めたんだった。

なんか他でもそうだが、すぐ仕事増やしてきやがるよね給料据置で。情報処理と称して人海戦術してるんだからさ、足らんところには予算と人増やさないとね!あと日の浅いヤツに現場丸投げすんなYO

神楽坂と言う土地

久しぶりに行ったけど、出版社とかあるしオフィス街と住宅街が混在して下町とも違う風情がなんとも独特。近くに首都高も走ってるし、幹線道路もあり、でも一歩路地に入ると細くて曲がりくねった昔道がある。行った事ないけど料亭とか小料理屋さんとかが隠れてるんだろうね、オサレなカフェとかもあるんだろうか?もっぱら駅前のベローチェの方が自分的には安心して入れるけどε-(´∀`; )

ちなみに情報処理の会社の後の後々に入った会社でも神楽坂は取引先担当になって来てた、今は移転したし自分もその会社はオサラバしたので今度はいつ来るのか?

まぁ来ない方が優勢か、しかし駐車場代高ーい!(◎_◎;)